どうやって作ればいいの?オリジナルTシャツのデザインの選び方


Tシャツを着用する季節性を入れる

オリジナルTシャツを作る際には、様々な用途があります。特別用途がなく、普段使いのTシャツとしてデザインするのならば、着用する季節に沿ったデザインを選ぶとよいでしょう。春に着るのならばサクラ、秋ならば紅葉などをデザインすると違和感がありません。また、現在持っている服に合わせたデザインを考えることもポイントです。

Tシャツを着用するイベントに関連するデザイン

オリジナルTシャツは、イベントやスポーツ大会などの際に作られることが多いです。その目的に沿ったデザインとするとよいでしょう。イベントのロゴをデザインするほか、スポーツ大会ならチームのスローガンなどをデザインに取り入れると、チームやスタッフの士気が高まります。

著作権に注意してデザイン

オリジナルTシャツをデザインする際に注意することのひとつが、著作権や肖像権です。好きな作品のキャラクターを自分が描いたとしても、着用する場面によっては著作権に抵触する可能性があります。オリジナルTシャツを作成する際には、グッズ業者に著作権についての意見を聞きながら作成することがポイントです。

色を多用しすぎずにデザイン

オリジナルでデザインを作成することができるとなると、様々な色を入れて、カラフルに派手にデザインしようと考える人もいます。しかし、色を多用しても必ず良いデザインとなるとは限りません。わかりやすいデザインとしたいのならば、色は厳選するとよいでしょう。

着用時の膨張を考えてデザイン

Tシャツのデザインをする際には、どうしても平面をイメージしがちですが、Tシャツを着用すると前面部分がカーブしてしまうので平面デザインとは異なるものになります。着用してデザインが膨張することも考えてデザインすると失敗しません。

オリジナルTシャツは、ステンシルシールとスプレーを使えば、誰でも簡単に自宅で作成することができます。