電子タバコって?普通のタバコと電子タバコの気になる違い


ニコチンが含まれていないので健康被害が少ない

普通の紙巻きタバコと電子タバコには様々な違いがありますが、その中でも特に大きな特徴は健康被害がとても少ないということです。

最近ではタバコの健康被害が大きな問題となっていますが、これは主にタバコに含まれているニコチンが関係しています。ニコチンは体に悪影響があるだけではなく依存性がとても高くなっています。

電子タバコにはニコチンが含まれておらず、タールも発生しないので健康被害が気になる人でも安心して吸うことが出来ます。

どこでも比較的気軽に吸うことが出来る

最近ではタバコの健康被害が取り沙汰されることが多くなっているため、周囲の人への影響もあってタバコを吸うことが難しくなってきています。しかし、電子タバコは健康被害がとても少ないという特徴があるため、普通のタバコよりも吸うことが出来る機会が増えるというメリットがあるのです。

タバコで一番の問題となる副流煙が発生することも無いため、禁煙エリアなどをきちんと避ければ比較的気軽に吸うことが出来るのです。

経済的にお得なことも

タバコを毎日吸うという人にとってタバコ代というのは悩みのタネですが、そんなタバコ代を節約することが出来るとして話題となっているのが電子タバコです。

タバコ本体とライターさえあれば吸うことが出来る普通のタバコと比べると、電子タバコは電子タバコ本体やリキッドなど初期費用はかかることになりま。しかし、毎日タバコを吸うという人であれば年間にして数万円以上お得となることもあるなど経済的なかなりお得となっているのです。

電子タバコのvapeで使用されるリキッドにはニコチンが入っているものと入っていないものがあります。欧州ではニコチン入りのリキッドが流通していますが、日本では法律によりニコチン入りのリキッドは発売できません。