屋上緑化をすることで得られる様々なメリットとは?


省エネ対策として効果的

屋上緑化はマンションやビルだけではなく一般家庭でも行うケースが増えていますが、その理由としては省エネ対策としてとても効果的だということが挙げられます。屋上緑化をすることで夏場は屋根からの熱を和らげる効果があり、冬場は建物内の熱を外に逃しにくいようにする効果が得られます。そのため、屋上緑化をすることで電気代の中でも大きな割合を占めている冷暖房の費用を節約することができ、省エネ対策になってくれるのです。

建物の耐久性を向上させる効果も

屋上を植物で覆う屋上緑化のメリットとしては、他にも建物の耐久性を大きく向上させる効果があります。建物は雨風にさらされているだけではなく、紫外線や酸性雨などの影響も日々受けています。しかし、屋上緑化をすることで植物がそういった建物への悪影響を軽減してくれる効果があるため、建物の耐久年数を延ばす効果もあるのです。また、屋上や壁面の熱による防水層の収縮を防ぐ効果も建物の耐久性の向上に効果が期待出来ます。

景観が良くなることでリラックス効果も

都市部においてはどうしても自然に触れる機会が少なくなってしまいますが、屋上緑化をすることでそういった問題をある程度改善することが出来ます。植物というのは二酸化炭素を吸収して酸素を増やすといった空気を清浄にする効果がありますが、それだけではなく見ている人をリラックスさせてくれる効果も期待出来ます。過剰なストレスはうつ病を初めとした様々な病気の原因ともなってしまいますが、屋上緑化による植物はそういった問題を解決するのにも役立つのです。

建物の屋根や屋上のスペースを活用して植物を育てるのが、屋上緑化です。景観の向上はもちろんですが、さらに室内を夏は涼しく冬は暖かく保つ断熱効果があります。