ペットショップはどこも同じではない?安心なペットショップの見分け方


動物取扱の登録と飼育環境の確認をしよう

現在は実店舗からネットまで様々なペットショップがありますが、ひとくちにペットショップといってもどこでも良いわけではありません。実は良いペットショップを見つけるには、いくつか大事なポイントがあります。まず、動物を取り扱う場合は行政の許可が必要ですので、動物取扱業登録証があるのかを必ず確認しましょう。次に、動物たちの飼育環境にも注目します。中には店内に入った途端に排せつ物の臭いがするショップもありますが、このようなショップは動物のケアが行き届いていない可能性があります。どの動物のケージを見ても汚れているなど清掃がきちんとされていない場合、適切に飼育されていないことが考えられますので清掃状態を確認しておきましょう。動物たちが元気がない、ワクチン接種の証明書が発行されていないショップも要注意です。

スタッフと実際に話して対応を見てみよう

ペットに愛情を持って接しているかどうかはスタッフと話をしてみればわかります。ペットの飼育方法などどんな質問をしても丁寧にかつスムーズに答えられるスタッフがいるショップなら安心です。どこのブリーダーから仕入れたのかもちゃんと答えられるなら、なお良いショップと言えます。逆に質問をしても適当な返事しか返ってこなかったり、仕入れ先が一切不明なペットショップは避けた方が良いでしょう。また、ペットを購入した後のアフターケアを行ってくれるかも大切なポイントです。ペットショップにより内容は異なりますが、販売後にペットの先天的疾患の発症や死に至った場合のための生体保証制度があるかも確認したいところです。長年一緒に過ごす大切なペット選びですので、いろいろなペットショップを訪れてから購入先を決めるようにしましょう。

ペットショップでは、様々な種類の子犬や子猫を見ることができます。また、フードなどの必要なグッズを販売しているので便利です。ペットの生命保険に加入することができたり、生体保証が付いている場合が多いです。