機械式時計にはメンテナンスが必須!最適なお手入れ方法をご紹介します


機械式時計の特徴とは?

機械式の腕時計は電力ではなく、ゼンマイで動いています。自分でゼンマイを巻く手巻き式と自動でゼンマイが巻き上がる自動巻き式に大別されます。電力を動力とする時計に比べ、機械式時計は正確性に欠け、メンテナンスも必要なため実用的とは言えません。しかし、そのファッション性やコレクション性から、長年愛用しているファンも多く存在します。メンテナンスをきちんと行うことで、機械式時計は何十年にもわたって使い続けることができるのも魅力です。

自分でメンテナンスできる部分

時計本体や文字盤を覆っているガラス・アクリルに付着した指紋などの軽い汚れは化繊のメガネ拭きを使うのがおすすめです。パーツが錆びる恐れがあるため、水拭きは避けましょう。金属・皮革のベルトが一般的ですが、このベルトも自分でお手入れが可能な部分です。金属ベルトの場合はコマの間に汚れが入り込みやすく、いったん時計本体から外して中性洗剤で洗うと良いでしょう。皮革製のベルトは、基本的には革靴と同じようなお手入れ方法になります。表面が乾燥したらクリームを塗り、カビやすいので湿気に注意しましょう。

ムーブメントのメンテナンスは専門家へ

ムーブメントとは、ゼンマイや歯車などの金属部品があるところです。経年劣化によって、ムーブメントには摩耗や油切れなどが生じます。複雑かつ繊細な場所ですから、製造メーカーや時計店など専門の職人へメンテナンスを依頼する必要があります。時計の種類によってもメンテナンス料金は変わってきますが、安くても2万円程度はかかります。一般的に製造メーカーは時計店よりも高くなる傾向です。目安としては、3年~5年ごとにメンテナンスを受けましょう。

ウブロはスイスの高級腕時計メーカーです。異なる素材とアイディアの融合をコンセプトに多くの人から支持されています。